『人財こそ会社の財産』

奥村電気工事は、常に人財から始まると考えています。
努力をすればしただけ成長していける環境が整っています。
奥村電気工事の未来を共につくり、100年企業を目指しましょう。

求人情報

先輩の声

教育研修制度

先輩の声

成長できる職場環境


工業高校の電気科を卒業して、2001年に奥村電気工事に入社しました。 基礎的な知識はすでに習得していたので、即戦力になれる自信はありました。しかし実際に現場に でてみるとわからないことだらけ…。 部品や工具の名前を一つ一つ覚え、設置や配線などの施工技術は、先輩に繰り返し教わりながら身につけていきました。施工管理者をまかせられるようになったのは入社 3年目です。現在は一般住宅の電気工事を担当し、各種施工のほか、仕上がりの検査、工程の管理、他業者との調整などをおこなっています。 模範的な施工技術とともに、管理能力、コミュニケーション能力など多くのものをもとめられますが、それだけ仕事のやりがいも大きいです。電気工事の内容は物件によって様々で、最新機器設備の施工などでは、簡単には解決できない問題が生じることも少なくありません。しかし、どんなときも前向きに仕事に取り組んだからこそ、いまの自分があるのだと思います。これからもこの情熱を忘れることなく、常に成長していきます。

先輩の声

電気がとおる瞬間、仕事の喜びがわきあがります。


電気工事の知識も経験もまったくありませんでしたが、家づくりにたずさわれるというところに魅力を感じ、この仕事に就くことを決めました。入社したばかりの頃は右も左もわからず、先輩に一から教えて頂き、各種部品の接続のしかた、器具・工具の取り扱いかたなどを一つひとつ覚えていきました。 今では、照明、スイッチ、コンセントなどの設置をまかせてもらえるようになりました。 施主様をはじめ多くの方の目がとどく場所なので、作業を行うときは“仕上がりの美しさ”には特に心がけています。もちろん、配線の正確さもとても大切で、すみずみまで電気がとおった瞬間は疲れが吹き飛ぶくらいうれしいです。これからあらゆる物件のあらゆる電気工事を任せてもらえるよう、確かな技術を身につけ、仕事の楽しさや喜びを感じていきたいです。